外出先で簡単にできる!初心者が株のセンスを磨く方法

前回の記事では、家でもできる株のセンスの磨き方をお話しました。今回は、外出先でもできる株のセンス磨きについてお話したいと思います。

外出先で簡単いできる株のセンス磨きの方法とは・・・店をぶらぶらしたり、買い物したりすることです。もの凄く簡単です。

お店も情報の宝庫!買い物でも株のセンスを磨くことができる

店に足を運ぶと、多めに陳列されている商品を目にしませんか。在庫一斉処分や新発売、目玉商品などと記載されているわけではないのに、陳列棚の面積が大きめに取られている商品があることに気づくはずです。

たとえばA社のお醤油は陳列棚で1列しかスペースが割かれていないのに、B社のお醤油は陳列棚のスペースが2列も割かれていることがあります。別にB社の商品は新商品や目玉商品としてプッシュされているわけでもないのに、です。

これは、B社のお醤油はよく売れていることとイコールであると考えられます

店側が特にプッシュしていないのによく売れる。つまり、「人気商品」や「定番商品」です。陳列棚のスペースが多く割かれている商品は、たくさんの人が買うからこそ陳列棚のスペースが多めの割かれている人気商品だと予想できるのです。そして、人気のある商品を出している会社はそこそこ繁盛しているのではないかと予想できます。

スーパーで買い物客がさらっと買い物かごに入れた商品をチェックしてみてください。これも、金の鉱脈ともいえる情報になります。「お、さっきからB社のお醤油だけ、異様に買い物かごに入れる人がいるぞ」・・・こんな時はすかさずその商品を出している会社をチェックしておきましょう。そして、帰宅したら、そのお醤油(商品)を出している会社の経営状況や株価などを確認してみてください。

お店をぶらぶらしているだけで、株の投資に役立つ情報収集ができてしまうというわけです。

次にどの株に投資するかのヒントにもなります。

大切なのは株に結びつける「視点」を身につけること

株のセンスを身につけたいからといって、外出先で難しい書籍を開く必要はありません。せっかく買い物やぶらぶらと息抜きに来たのですから、思い切り楽しんでください。そして、ちょっとだけ、周囲の買い物客がどんな物を購入するか、お店がどんな陳列をしているか、チェックしてみてください

お店で陳列やお客さんの買い物をチェックしてみると、意外な「気づき」があるはずです。「あれ、これってもしかして、株に使えるかも」「この会社の商品、売れているみたい。会社の経営状況を調べてみよう」・・・ピンとくるようになれば、自然と普段何気なく見ている光景や、日常の一部である買い出しの中で、株に役立ちそうな情報をかぎ分ける嗅覚が備わるはずです。

外出先でも簡単にできる株のセンス磨き。

試してみてくださいね。